荷物を整理しておきたい時に便利|貸倉庫で賢く整理

増えている物流倉庫

倉庫といえば港の近くや空港の近くに保管用で建設されて軒を並べておりました。サプライチェーンの発達とIT技術の発達によるネットショッピングの普及の結果、倉庫の役割が物流倉庫となって変換を遂げています。従来の倉庫といえば荷物を保管しておき、配送車が来ると運び出すという目的で使用されていました。最近は倉庫の中で仕分け作業をする必要性が出てきたので大型でトラックが上層階まで行けるというコンセプトの物流倉庫の建設が進んでいます。空港近くや湾岸地域は既に既存の倉庫で一杯となっているので、郊外で比較的地価の安く、交通アクセスの良い立地のオオが?ら物流倉庫が増えています。建設費は既存の倉庫の何倍にもなりますが、建設するとテナントがすぐに埋まっています。

日本は明治維新以降、海外を手本にして工業化を急いできました。原材料を輸入して加工製品を輸出することで国力を強化してきました。これを支えてきたのが製造業であり、運輸倉庫業でした。輸出入の貨物はコストの安い大型の船舶を利用することが多かったので、港湾付近には保管用倉庫がたくさん建設されていました。全国の港湾御付近には必ず倉庫の密集した地域が存在しました。物流倉庫が必要とされてきたのはつい最近のことです。荷物をできるだけ早く送るというビジネスモデルから倉庫の中で仕分け作業をする必要が出て来ました。既存の倉庫は保管用ですから、中で作業をするには適当ではありませんので、新たに現在の物流倉庫のニーズが出てきたというわけです。